『SwitchBot 』で家中のリモコンをひとつに! 音声・遠隔操作

自宅の家電をIoT化(モノのインターネット化)できるAmazonで高評価の『SwitchBot 』は、家中の赤外線リモコンをスマホ1台にまとめることができるコンパクトサイズのスマートリモコン。自宅の旧式家電も外出先からスマホで操作できます。

また、Alexa(アレクサ)やGoogleアシスタント、Siriなどスマートスピーカーと連携させることで、家電を音声操作することも。


『SwitchBot 』を使ってできること『SwitchBot 』とは?

 

SwitchBot『SwitchBot Hub Mini』

『SwitchBot 』は、自宅のアナログ家電をスマート化してくれるとても便利なデバイス。記憶リモコンのように複数のリモコンをひとつにまとめて操作可能にするだけでなく、インターネットに接続して、外出先から自宅の家電を遠隔操作できるようになります。

また、アレクサやGoogleアシスタント、Siriといったスマートスピーカーを使うことで、音声操作も可能。

【できること】
ワンタッチで家電を登録……プリセットリストがあり、「スマートラーニング」モードを通じてワンタッチでお手持ちのリモコンを追加可能。USB給電・コンパクトでどこでも使える。
リモコンを1つにまとめる……エアコン・テレビ等赤外線リモコンを一つのハブミニにまとめてアプリから操作可能。
音声コントロール……Amazon Alexa(アレクサ)、Googleアシスタント、Siriと連携して、話しかけるだけで家電とSwitchBotシリーズデバイスを操作可能。
省エネ対策にもなる……エアコン・照明などの消し忘れがあっても、外出先からスマホでオフにできる。「行ってきます~」のシーンを作成すれば、出かける時に家電を一気に消すことが可能。

 

こんなときに便利


複数のリモコン
『SwitchBot 』は、自宅の家電をスマート化する機器ですので、すでに、お部屋中がスマート家電ばかりのご家庭には必要ないでしょう。ですが、次のようなお悩みをおもちの方にはぜひご検討いただきたい一品です。

【ありがちな悩み】
家にリモコンがたくさんあっていつも探すのに手間取ってしまう。
寝るときにリモコンが近くになくて面倒。
リモコンがかさばり整理に困る。
ネットの評価は?

ところで、ネットの評価も気になりますよね? 大手通販サイトのAmazonの口コミを見ると、なんと1.5万件を超える評価数で4.1と高評価。正直あまり見ない高い数字です。期待も高まりますね!

ちなみに、ばらやんの知人にもユーザーがいたので、数人に聞いてみたところ、以下のようなコメントがありました。

【ユーザーの口コミ】
「自宅がスマートホームのため、このリモコンをメインに使っている」
「スマホで離れた部屋からでも操作できるので楽」
「コンクリートの壁越しでもなんとか接続できた」

 

使い方は?設定方法・リモコンへの登録方法

では、さっそく『SwitchBot 』アプリに家中の赤外線リモコンを登録してみたいと思います。


『SwitchBot 』アプリにリモコンを登録する方法

 

SwitchBot スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Alexa - Google Home IFTTT イフト Siriに対応 SwitchBot Hub Mini

『Switch Bot 』を使った操作の流れ。


『Switch Bot Hub Mini』アプリの画面

『Switch Bot 』アプリのリモコン追加画面


リモコンを画面右上の「+」ボタンで追加するだけ。かんたん!
これで、スマホから家電を操作することができるようになります。
自宅のテレビ、ブルーレイレコーダー、エアコン、CDレシーバーの順で起動。すると、問題なくすべて電源ON・OFF、ボリュームなどの調節もできました。

赤外線距離は約30mとのことで、実際に(8畳の部屋)で試したところ、部屋の端(5m)の距離でかつ真逆に向けて操作してもちゃんと反応しました。


どんな家電を操作できるの?

『SwitchBot 』を使ってスマート化できる家電の一部をご紹介します。基本的に、赤外線の付いた家電であれば操作できるようです。


SwitchBot Hub Miniの機器追加画面

エアコン、テレビ、ライト、テレビ、動画配信サービス、セットトップボックス、ディスクプレーヤー、扇風機、プロジェクター、カメラ、空気清浄機、スピーカー、ヒーター、ロボット掃除機、その他

例)
床暖房、サーバー、シーリングライト、デスクトップPC、ルンバ、ペットのエサやり機 など


スマートスピーカーを使って音声操作するには?インターネット(WiFi)接続で遠隔操作

今回はAmazonのスマートスピーカー「Alexa(アレクサ)」を使って家の家電を音声操作してみることに! 手順としては、こんな感じです。


『SwitchBot 』とアレクサのかんたん連携方法


SwitchBot スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Alexa - Google Home IFTTT イフト Siriに対応 SwitchBot Hub Mini

アレクサと『SwitchBot 』を使った音声操作のイメージ。


アレクサと『SwitchBot 』を使って家電を音声操作するまでのかんたんな手順は次のとおりです。

(1)SwitchBotアプリをDL アカウント作成。
(2)SwitchBotアプリにSwitchBot Hub Miniを登録。
(3)アプリでSwitchBot Hub Miniに家電(リモコン)を登録。
(4)アレクサアプリにSwitchBotに登録した家電を追加。


Alexaアプリのスキル追加画面

アレクサアプリのスキル追加画面


まずはアレクサアプリをダウンロードしましょう。ダウンロードしたら、さっそくSwitchBot Hub Miniの「スキル」(※)を追加。

※スキル: AIであるアレクサに学習させて実行させる追加機能のようなもの。


Alexaアプリのデバイス画面

アレクサアプリのデバイス画面


スキルを追加したら、アレクサアプリのデバイス画面右上の「すべてのデバイス」でスキルが追加されていることを確認しましょう。


Alexaアプリのデバイス画面

スキルがちゃんと追加されていることが確認できました。追加したのはブルーレイレコーダーと液晶テレビ、エアコン、CDレシーバーの4つ。

【おすすめポイント】
複数のリモコンが1つにまとまる。
自宅の家電をスマート化。
外出先でも操作が可能。
軽くて小さくて安く買える。

家中の家電のリモコンをひとつにできるだけでなく、インターネットに接続して外出先からも遠隔操作できたり、スマートリモコンを使って音声操作できたりと、満足度はかなり高いです。

価格も、スマートリモコンのなかでは群を抜いて安い『SwitchBot 』。家の家電をスマートホーム化したい人は、まず『SwitchBot 』の購入を検討してみてください。その次に、スマートスピーカーがあれば完璧です。

設定のしやすさ……★★★☆☆
使いやすさ……★★★★☆
機能性……★★★★☆
コスパ……★★★★