ホテルサブスクおすすめTOP5!
定額制サービスでお得に泊まり放題!

h-1
「仕事や旅行で利用できるサブスクを知りたい!」

「二拠点生活をしてみたい!」

こんな考えを持っている人に向けてお得感たっぷりのホテルサブスクをご紹介します。

あなたに合わせた選び方から自分にぴったりのホテルサブスクを選びましょう。

月額定額を支払うことによってお得に宿泊滞在できるホテルサブスク

ホテルサブスクは、会員登録をし一定の料金を払うことで宿泊施設を利用することができるサービスのことを指します。

【ホテルサブスクの特徴】
  • ビジネスホテルやリゾートホテルに泊まり放題
  • 長期プランも短期プランもある
  • 長期滞在を利用すればあこがれの二拠点生活も!
  • ワーケーションとして利用できる
旅行だけでなく、在宅ワークが普及しつつある昨今、ホテルサブスクを利用して仕事をしている人も多いです。

しかし、一口にホテルサブスクといっても色々あって選べない…。

そんな方に向けてまずは選ぶ際のポイントを紹介します。

ホテルサブスクの選び方

ホテルのサブスクを選ぶにあたって重視したいポイントについてまとめています。

このポイントを押さえればどんなホテルのサブスクを利用すればお得で快適に利用できるかが丸わかりです!

宿泊の目的に合わせる

まずは自分の宿泊目的を明確にすることが必要です。
  • ワーケーションとしての利用
  • レジャーや観光での利用
  • 短期間か長期利用か
  • 1か所にとどまらず色々な場所に住みたい
今回ご紹介する5選についての特徴や、どのような目的を持つ人に向いているかはこの後詳しくご紹介します!

お得なサービスの有無

利用するサブスクによってお得なサービスに違いがあります。

例えば……
  • ホテルに泊まり放題
  • マッサージに通い放題
  • 家電使い放題
  • タクシー乗り放題
このように、少し抜粋しただけでも気になるサービスが出てきます!

女性なら「マッサージに通い放題」は魅力的ですし、男性で家電好きであれば「家電の使い放題」もぜひ欲しいサービスですよね!

おすすめホテルサブスク5選【比較表あり】

では、ここからはおすすめのホテルサブスク5選をご紹介していきます。

ライフゲットが調査して厳選したサービスは…
  • HafH(ハフ)
  • unito(ユニット)
  • Hostel life(ホステルライフ)
  • 東急ホテル tsugitsugi
  • ADDress(アドレス)
以上の5つです。

それぞれの特徴やどんな人におすすめか、お得なサービスには何があるかなど深堀していきますので、ご自身にぴったりのサブスクを見つけてください!
※表は横にスクロールします。
※2023年1月現在の情報です。
※1.同一の家に滞在できるのは14日間まで(予約制限の家は7日まで)、以降は他の家を利用する必要あり。
サービス名 HafH(ハフ) unito(ユニット) Hostel life(ホステルライフ) 東急ホテル tsugitsugi ADDress(アドレス)
最低月額料金 2,980円 11,500円 9,000円 44,800円 44,000円
上限宿泊数
/月・最低月額料金時
1泊 5泊 3泊 5泊 無制限※1
人気ホテル メルキュール東京銀座(東京・銀座)
東京ステーションホテル(東京・千代田)
庭のホテル 東京(東京・千代田)
unito CHIYODA(東京・千代田)
SUTTON PLACE HOTEL by R-HOTEL. (東京・上野)
IMANO TOKYO HOSTEL(東京・新宿)
Little Japan(東京・台東)
グレープハウス高円寺(東京・中野)
WISE OWL HOSTELS SHIBUYA(東京・目黒)
東京ベイ東急ホテル(千葉・浦安)
渋谷エクセルホテル東急(東京・渋谷)
横浜ベイホテル東急(神奈川・みなとみらい)
富士吉田B邸(山梨)
信濃大町A邸(長野)
箱根湯本A邸(神奈川)

1位:全国に拠点がある「HafH(ハフ)」

h-2
特徴
  • 利用したいシーン別に宿を選択できる
  • 国内だけでなく海外にも拠点がある
  • GWや夏季休暇などでも平日料金と同様で利用可能
  • 積み立て貯金でロングホテルステイができる
  • 3ヶ月目からVIP会員特典で10%UP!
料金プラン 月額料金(税込) 毎月の上限宿泊数
スタンダート 新規登録限定:¥8,820
※2ヶ月目以降:¥9,800
3泊まで
ライト ¥2,980 1泊まで
スタンダートプラス ¥15,800 5泊まで
プレミアム ¥30,800 10泊まで
プレミアムプラス ¥82,000 上限なし
※2023年1月現在の情報です。

「HafH(ハフ)」は世界規模でサービスを提供しています。

また、働きながらでも宿泊や旅を楽しむことができるように、掲載している全施設Wi-Fiが完備されています。

料金プランについては5種類設けているため、自分の使い方に合わせて選ぶことが可能です。

毎月プラン内容によって50~2000の「コイン」が付与され、このコインを利用してお部屋の予約をしていくため、これをうまく活用することが必要となります。

上限宿泊数利用をしなくても余った宿泊数はコインとして翌月に付与されるので、ユーザー側が損をしない仕組みになっているのもポイントです。

その他にも新しく「JALで行くペア旅」プランが登場しました。

2人で新プランに登録することにより、1人月額9,800円からサービスを利用できます。

2人でのわりかん予約でおトクにホテル予約できるだけでなく、JAL航空券と全国の憧れの宿がセットになった「ペア旅ガチャ」も楽しめますよ。

2位:月額3万円から利用できる「unito(ユニット)」

h-3
特徴
  • 毎月定額の利用料金ではない
  • 都内各地に月額3万円から住めるホテルが多い
  • 「リレント」という仕組みがある
  • 初めての一人暮らしに手軽に利用できる
  • 住人同士アプリでつながれる
「unito」の仕組みは他とは少し違います。

カプセルホテルのようなお部屋を借り、利用しなければ料金が安くなるというシステムです。

この「リレント」というシステムは、利用しない間他の人にホテルとして貸し出すことによって料金が下がるという仕組みです。

他人が利用することに抵抗が無く、お部屋が若干狭くても問題が無い人におすすめできます。

また、外泊すれば料金が下がるシステムなので、頻繁に利用する人には向いていないことが言えます。

3位:多拠点生活を実現「Hostel life(ホステルライフ)」

h-4
特徴
  • 「ホステルパス」で、全国の宿に泊まり放題
  • 最短1ヶ月からお試し可能
  • 全国24都道府県36箇所の施設が利用できる
  • 登録はオンラインで手早くできる
ホテルパス 月額料金(税込) 特徴
お試しパス ¥9,000 1ヶ月の間3泊まで利用可能
宿泊しなくても翌月繰越しができる
二拠点パス 日曜~木曜日プラン:¥27,000
全曜日プラン:¥36,000
家とホステルの二拠点暮らしを求める人向け
1年契約月1.65万円で泊まり放題
個室のグレードアップも可能
ホステル暮らしパス ドミトリープラン:¥63,000
個室プラン:¥99,000
住民票を置くこともできる
月¥49,500/人で利用できる個室プランあり
個室プランは同伴者1名まで無料
※2023年1月現在の情報です。

「Hostel life(ホステルライフ)」は地域の人との交流や旅行者とのつながりを感じたい人におすすめです。

そのため個室が少なくプライベートの確保は難しいですが、「気にならないし、むしろ交流してみたい」というひとはこちらを利用してみると良いでしょう。

プランによってはかなりお手頃価格で利用ができるので学生利用者が多いのも特徴です。

4位:高級感を求める人におすすめ「東急ホテル tsugitsugi」

h-5
特徴
  • 最短1泊~180泊まで利用できる
  • ホテルサービスの利用が可能
  • 都市型ホテルとリゾートホテルを利用可能
  • プライベート空間になるので仕事がしやすい
  • 全プラン同伴者1名まで無料
「東急ホテル tsugitsugi」は利用期間が決められていて、抽選制のホテルサブスクとなります。

こちらでは10月利用開始プランをまとめています。
プラン 利用料金(税込) 特典
えらべるプラン​5​ ¥44,800
えらべるプラン14 ¥134,800 ANA ピーチポイント:5,000円分
まいにちプラン30 ¥239,800 ANA SKYコイン:5,000コイン
※2023年1月8日現在応募できるプランは2022年10月1日〜2023年3月31日利用プランのみとなっていますのでご注意ください。

平日は都市型ホテルを利用してビジネス活用、休日はちょっとリッチにリゾート感を味わいたいという人におすすめです。

サブスクを利用できる人数に限りがあり、人気のあるサブスクのため抽選倍率が高いということと、一部施設は電話予約が必要になるという部分がネックとなります。

しかし、あこがれの東急ホテルに「つぎつぎ」泊まれるお得感たっぷりの内容となっています。

5位:非日常体験にこだわる人には「ADDress(アドレス)」

h-6
特徴
  • 全国各地の自然を楽しめる
  • 「住み放題」のサービス
  • パートナー1人までは追加料金なし
  • 個室でもドミトリーでも料金は変わらない
  • コミュニティマネージャーの「家守」がサポートしてくれる
プラン 利用料金(税込) 最低利用期間
基本プラン ¥44,000 90日
※2023年1月現在の情報です。

「ADDress(アドレス)」は家主(家守)滞在型の施設のため、他のホテルサブスクでは味わうことのできない体験ができるのが特徴です。

シュノーケリングやサーフィン、農作業などを得意としている個性豊かな「家守」がほかの居住者と交流の架け橋となってくれます。

また、オプションとして追加料金を支払うことで特定の家のドミトリ/個室を自分専用の居住スペースとして利用することもできます。

空間シェアに抵抗のない人、一息ついて非日常を体験したい人におすすめです。

地域別おすすめホテル(サブスク対応)

おすすめのホテルサブスクをご紹介しましたが、その中でホテルのおすすめはあるの?という人に向けて筆者の選んだホテルをご紹介します!

今回紹介したホテルのサブスクから申し込みもできるホテルになりますので参考までにご覧ください!

東京近郊

  • ONSEN RYOKAN 由縁 新宿
  • Little Japan
  • ザ ミレニアルズ渋谷

【ONSEN RYOKAN 由縁 新宿】

h-10
おすすめポイント
  • 都心にありながら五感で四季を感じられる空間
  • 最上階に露天風呂あり
  • Wi-Fi完備
「HafH」で短期間利用可能な東京新宿にあるホテルです。

東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」3番出入口から徒歩約7分とアクセスもしやすい宿となっています。

またチェックインの時間が15:00~23:59までとなっているのも利用しやすいです。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【Little Japan】

h-11
おすすめポイント
  • カフェ&バー、ゲストハウス、シェアハウスの複合施設
  • ドミトリーと個室あり
  • Wi-Fi完備
「Hostel Life」で利用できる「地域と世界をつなぐ(Meet Locals)」と「帰る時には友だちで(Come as a Guest, Go as a Friend)」をコンセプトとしているホステルです。

元バックパッカーの方がひらかれたホテルだけあり、人との出会いを大切にされています。

浅草橋にあるので、東京の下町を味わうことができるのも特徴です。

【ザ ミレニアルズ渋谷】

h-12
おすすめポイント
  • 渋谷にある近未来型の滞在施設
  • 長期滞在・短期滞在共に可能
  • Wi-Fi完備
「HafH」で利用できる近未来型滞在施設となっています。

「渋谷駅」から徒歩6分とアクセスしやすく、ホテルでありながらもオフィスにもなるため、新しいワークスタイルにぴったりです。

固定概念に固執しない『自由』な発想を持つミレニアル世代が集まる場でり、人気も高いのが特徴です。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

関西

  • Beehive Hostel Osaka
  • ホテルグランヴィア京都
  • ゼンティス大阪

【Beehive Hostel Osaka】

h-13
おすすめポイント
  • 個室のためプライベート空間を保てる
  • シャワー・トイレは共有
  • Wi-Fi完備
  • 共同のワーキングスペースあり
  • ほかの宿泊者と交流ができる
「Hostel Life」で利用できる「Beehive Hostel Osaka」は建物がコンパクトでハチの巣のようになっているのが特徴です。

ラウンジで他のゲストと交流ができるので、思い思いの過ごし方が可能です。

また、無料サービスとしてレンタルサイクルの貸し出しもしているため、ここを拠点に近くを観光したいという人にもおすすめです。

【ホテルグランヴィア京都】

h-14
おすすめポイント
  • 京都駅直結でアクセス抜群
  • 短期滞在におすすめ
  • Wi-Fi完備
「HafH」で利用できる京都駅直結型ホテルになります。

施設内には宿泊者が利用できるプールとフィットネスが付いており、リフレッシュしたいときも利用可能です。

また、観光だけでなくビジネス利用も最適な利便性が兼ね備えられているホテルとなっています。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【ゼンティス大阪】

h-15
おすすめポイント
  • 宿泊特化型ホテル(長期滞在・短期滞在共に可能)
  • ゲストラウンジ・ガーデンの利用が可能
  • Wi-Fi完備
「HafH」で利用できるJR東西線「北新地駅」より徒歩約4分とアクセスのいいホテルです。

ホテルご滞在の方は、ハウスキーピング、セルフランドリーの他、ランドリー・ドライクリーニング・プレスサービスを利用できるため、長期滞在にもぴったりです。

九州

  • ザ・ライブリー福岡博多
  • HafH Fukuoka THE LIFE
  • 屋久島サウスビレッジ

【ザ・ライブリー福岡博多】

h-17
おすすめポイント
  • 徒歩圏内に様々で様々な飲食店を楽しめる
  • 長期滞在・短期滞在共に可能
  • ワークスペースあり
  • Wi-Fi完備
「HafH」で利用できる、仕事や食事お酒を楽しむ場所…とホテルの在り方が変わってきている中で誕生した福岡初のライフスタイルホテルです。

JR博多駅より地下鉄空港線で2駅「中洲川端駅」の「中州2番出口」より徒歩約1分というアクセスの良さに加え、人気の屋台エリアや博多座も徒歩圏内ということもあり、ビジネスシーンでもお勧めできます。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【HafH Fukuoka THE LIFE】

h-18
おすすめポイント
  • 福岡中心部である博多にある施設
  • レジデンスとして、1ヶ月単位の入居も可能(2023年1月現在)
  • ワークスペースあり
  • Wi-Fi完備
博多に拠点を構える「HafH Fukuoka THE LIFE」は2020年2月1日グランドオープンした新しいホテルです。

1人旅・家族旅行・長期滞在・短期滞在と幅広く活用でき、福岡を中心として活動するならば拠点にするのに最適です。

ワークスペースやカフェ・もあるので仕事もしやすい雰囲気となっています。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【屋久島サウスビレッジ】

h-19
おすすめポイント
  • 屋久島の自然を堪能できる
  • 近くに海がある
  • Wi-Fi完備
  • ドミトリー・個室あり
  • 登山用品のレンタル有
「Hostel Life」で利用できる「屋久島サウスビレッジ」は自然あふれる屋久島で利用できる滞在施設となっています。

ネット環境も整っているのでワーキングにも最適です。

また、ホテルのコンセプトは「屋久島を楽しむ」であることから、トレッキング・海・温泉といった観光も楽しむことが可能です。
「Hostel life(ホステルライフ)」|公式サイト
『Hostel life』でホテル泊まり放題に登録する

沖縄

  • OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート
  • たびの邸宅 沖縄今帰仁
  • ゲストハウス~時~

【OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート】

h-20
おすすめポイント
  • お部屋はくつろげるダブルルーム
  • 街を知り尽くしたスタッフがガイドツアーをしてくれる
  • 長期滞在・短期滞在共に可能
  • ワーキングスペース・Wi-Fi完備
  • 足を延ばしてくつろげるラウンジエリアあり
「OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート」は「HafH」で利用することができます。

足を延ばしてくつろぐことのできるOMOラウンジや1階にはOMOカフェがあったりと、とにかく宿泊中に楽しいことがたくさんあります。

ビジネスで利用しようと考えてる人でも息抜きできる設備が整っているのでおすすめです。

また、宿泊者のみが利用できるガイドツアーもあるため、旅行で利用する時に利用したいお得なサービスです!
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【たびの邸宅 沖縄今帰仁】

h-21
おすすめポイント
  • 沖縄古民家の一棟借りが可能
  • 車で5分の距離にビーチがある
  • 長期滞在・短期滞在共に可能
  • ワーキングスペース・Wi-Fi完備
「たびの邸宅 沖縄今帰仁」は「HafH」で利用することができる沖縄古民家施設です。

沖縄でのんびりとした時間を少し対人におすすめです。

世界遺産 今帰仁城跡まで車で約5分、沖縄美ら海水族館まで車で約10分、古宇利島まで車で約20分と沖縄北部の観光地に近いのも魅力です。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【ゲストハウス~時~】

h-23
おすすめポイント
  • 全4部屋でいずれも個室
  • 夏はマリンスポーツ・冬はBBQも楽しめる
  • Wi-Fi完備
  • 宿の近くに海もある
「Hostel Life」で利用できる「ゲストハウス~時~」はマリンスポーツあり、おいしいご飯ありと沖縄に来たらやってみたいことが楽しめる施設となっています


家族のようなアットホームな空間が好き!という方におすすめです。

北海道

  • コンフォートホテル札幌すすきの
  • メルキュール札幌
  • THE STAY SAPPORO

【コンフォートホテル札幌すすきの】

h-24
おすすめポイント
  • 駅至近距離でアクセス抜群
  • リードリンクとプロが選書した「ライブラリーカフェ」が利用可能
  • 長期滞在・短期滞在利用可
  • ワークスペース・Wi-Fi完備
「HafH」で利用できるホテルの「コンフォートホテル札幌すすきの」です。

おすすめポイントとしてあげた「ライブラリーカフェ」がこのホテル最大の特徴です。

オープンスペースでのお仕事、開放的な雰囲気の中での読書など好きなように利用できるスペースです。

もちろんこのスペースにはUSBコンセントも完備しているので仕事もできてしまいます。

駅からのアクセスもいいので、ビジネス利用の方におすすめできるホテルです。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【メルキュール札幌】

H-2 5
おすすめポイント
  • フランスの名門ホテルチェーン
  • レストラン、会議室、フィットネスジムあり
  • 長期滞在・短期滞在利用可
  • Wi-Fi完備
こちらも「HafH」で利用できるホテルの「メルキュール札幌」です。

レストランやジム以外にも、併設するテナントビルには寿司店やすき焼き店など人気飲食店が並ぶ宿泊者にうれしいあれこれが詰まっています。

ホテル前がリゾートバスの発着点になっているので、ここを拠点に様々な場所へ移動することもできます。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

【THE STAY SAPPORO】

H-2 6
おすすめポイント
  • ドミトリー・個室あり
  • 10階にワークスペースあり
  • 長期滞在・短期滞在利用可
  • Wi-Fi完備
「THE STAY SAPPORO」は地下鉄南北線すすきの駅から徒歩8分の位置にあるゲストハウスです。

宿泊者限定の近隣飲食店で使えるクーポンが付いていたり、不定期ではありますがイベントがあったりとお楽しみがついてくるのもポイント。

ドミトリールームから、ダブルルーム、グループで泊まれるお部屋もあったりします。

洗濯機や乾燥機も完備されているので、長期滞在でも安心して利用することができます。
「HafH(ハフ)」|公式サイト
『HafH』でホテル泊まり放題に登録はこちら

まとめ

近年増加傾向にある在宅ワークにも利用できたり、休日のちょっとしたリフレッシュに有効活用できるのがホテルのサブスクです。

普段ちょっと高級で手の届かないホテルも、サブスクを利用すればお得に宿泊できます。

お気に入りのサブスクを選んで快適なホテル暮らしを始めましょう!