本ページはプロモーションを含みます。


RENOSY(リノシー)は怪しい?
入居率99.4%&AIを駆使した不動産投資

不動産投資家になるには?なる手順と向いている人の特徴 - 不動産・マンション投資・セミナーならJPリターンズ
金利が過去最低の水準で推移している今、将来の資産形成に向けて、不動産投資が再び注目を集めています。

従来、不動産業界にはアナログな側面が多く残っており、その非効率性がたびたび指摘されてきました。

そんな中、AIを積極的に活用した不動産投資サービスを提供しているのが、GA technologiesが運営する「RENOSY(リノシー)」です。

RENOSYは「アナログで非効率だった不動産投資を、ITの力で徹底的に効率化し、収益性をUPさせたサービス」です。

今回は、そんな魅力的なRENOSYの特徴やメリット・デメリット、評判などを紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

アンケートに答えて無料で資料請求!

RENOSY(リノシー)

RENOSY(リノシー)のマンション投資メリット5選

RENOSYのマンション投資には大きく下記の5つの強みがあります。
  1. ITを駆使した徹底的な効率化
  2. 人間の経験ではなくデータに基づいた確実な不動産投資ができる
  3. 長期的な需要が見込めるエリアの中古コンパクトマンション特化
  4. アプリで不動産を一元管理
  5. 2020年度グッドデザイン賞を受賞した最先端の不動産投資サービス
それぞれ具体的に解説していきましょう。

メリット1.:ITを駆使した徹底的に効率化

RENOSYは、不動産テックと呼ばれる領域の中でも急成長を遂げている「GA technologies」が運営しています。

2018年には東証マザーズに上場(現在は東証グロース)、2022年の年間売上は1,135億円を記録している大手総合不動産会社です。

1000人以上の従業員のうち約3割をエンジニアが占めており、従来の不動産会社と大きく違うことが分かるはずです。

自社で便利なツールやシステムを開発しているため、本来不動産投資にかかっていた無駄なコストの削減に成功しています。

結果として、RENOSYの利用者はより良い利回りで不動産投資を行うことができるのです。

メリット2:人間の経験に頼らない客観的データによる確実な不動産投資

RENOSYは、人間の感覚や経験ではなく、独自のデータベースをもとに物件の収益性や将来性を見極めています。

似た物件の過去の成約価格を調べることで、再販時に値下がりしづらい物件を抽出でき、結果として売却時に利益が見込める物件が分かります。

これまで不動産の物件選定は、過去の経験によるところが大きかったため、初心者が収益性の高い投資物件を見極めるのは至難の技でした。

データを元に選定を行なっているRENOSYの物件は、属人的なズレが取り除かれているため、初心者でも収益化しやすいのです。

メリット3:中古コンパクトマンションに特化した長期的な需要を見込める

RENOSYが投資の対象としているのは、「都市部の中古コンパクトマンション」です。

今後、日本全体の人口は減少していくものの、高齢者や独身の人が増えているため、単身者世帯はむしろ増えていきます。

そのため、コンパクトマンションは長期的に需要が見込めますし、人口が集中する都市部に位置していることからも、安定的な需要が期待できます。

また、中古であるため、販売業者の利益が多く乗っている新築と異なり、資産価値の下落も緩やかですし、何より購入時の価格が大きく下がります。

普通のサラリーマンやOL であっても、融資の条件さえクリアしていれば不動産投資を始められるのが特徴です。

メリット4:投資物件をアプリで一元管理

リノシー
RENOSYの専用アプリ「OWNR by RENOSY」を使用すれば、物件の購入申し込みから、管理・運用まで一元管理できます。

不動産投資は物件を購入して終わりではなく、購入してからも継続的な維持・管理が必要です。 OWNR by RENOSYを使えば、
  • 所有物件の情報を確認
  • 契約書類をデータとして閲覧
  • キャッシュフローの管理
  • 他の優良物件の情報の閲覧
などがアプリでまとめて行えるので、投資初心者でも安心です。

メリット5.:2020年度グッドデザイン賞を受賞した最先端サービス

テクノロジーを駆使して急成長を続けるRENOSYは2020年度グッドデザイン賞を受賞しました。

不動産テックでは、物件を選ぶところから契約、ローン、賃貸や収支の管理までをテクノロジーを使いワンストップで達成しようとしています。

デジタル化が遅れている不動産業界において需要の高い領域です。

その一気通貫サービスの中でも最先端を行くRENOSYが、オンラインで完結できるサービスとして評価されました。

COVID-19の影響もあり、今後さらに便利に発展していくことは間違いないでしょう。

RENOSY(リノシー)の会員数は30万人を突破

RENOSY会員数は2021年に10万人を突破、2022年5月には30万人を突破しました。

人気が高まり続けていることが分かりますよね。

アンケートに答えて無料で資料請求!
RENOSYの公式サイトへ⇒


RENOSY(リノシー)のデメリットや注意点

AIを積極的に導入した不動産サービスを提供しているRENOSYですが、もちろんデメリットや注意点も存在します。

ここでは、RENOSYを利用する際の2つの注意点について解説をしていきます。

注意点1:取り扱っているのは中古マンションのみ

RENOSYで紹介される物件は、すべて中古マンションです。

最初から中古マンションのみを検討している人にとってはデメリットではありませんが、新築も視野に入れている人にとっては、比較材料が少なくなってしまうとも言えるでしょう。

注意点2:物件は購入できるのは融資の基準をクリアした人だけ

RENOSYに限ったことではありませんが、銀行からの融資を受けて不動産を購入する以上、融資の条件をクリアしなければいけません。

年収や勤続年数、勤務先の安定性など総合的な信頼性を加味して、融資の可否は決定します。

とはいえ、新築ワンルームマンションと比べると、必要な金額は大幅に下がりますし、それだけ融資も下りやすくなるのも事実です。

RENOSY(リノシー)の評判・口コミ

続いて、RENOSYを利用した人たちの口コミや評判を調べてみました。

実際にRENOSYを活用しようとしている人は参考にしてみてください。

RENOSYのツイッターでの評判・口コミ①

RENOSYや運営会社の株式会社GA technologiesについての評判や口コミをツイッターで見てみましょう。

 

RENOSYのツイッターでの評判・口コミ②

 

RENOSYのツイッターでの評判・口コミ③


 

RENOSYのツイッターでの評判・口コミ④

 

RENOSYのツイッターでの評判・口コミ⑤

 

RENOSYのツイッターでの評判・口コミ⑥

 
悪い口コミを含めて率直な意見が書かれるツイッターですが、評判が良く注目も高いことが分かります。
また、社員や会社側も積極的に情報発信をしていますので、中の人を日々見られることの安心感も高いですよね。
今後の発展にも非常に期待できるでしょう。
アンケートに答えて無料で資料請求!
RENOSYの公式サイトへ⇒

RENOSY(リノシー)の不動産投資は儲からない?
シミュレーションしてみた

実際にRENOSYで投資用不動産を購入する場合、月々の出費はどうなるのでしょうか。

もちろん購入する物件の種類や価格、頭金はいくら出せるか、フルローンか、金利は何%かによって異なってはきます。

ただしRENOSYの公式サイトのシミュレーションをもとにすると、最初の負担は10万円ほど、月々の負担も1.5万円ほどで不動産オーナーになることができます。

投資歴の長い筆者が、本当にこのシミュレーションが可能か解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

RENOSY(リノシー)は月々1万円ほどの自己負担で不動産を取得できる

結論から言うと、RENOSYでは月々1万円ほどの自己負担で不動産を取得することは可能です。

現在ほとんど資金がない場合で、フルローンで投資用不動産を購入した場合を考えます。

まず不動産に投資するあなたが受け取れるお金は、入居者が支払う賃貸料ですよね。

この賃貸料だけならば10万円ほど受け取ることができますが、ここから
  • ローンの返済
  • 賃貸管理会社への支払い
  • 契約の諸経費
などいろいろとコストが発生し、結果的に頭金を一切払わないフルローンならば月に1,2万円の自己負担となるシミュレーションです。

RENOSY(リノシー)は頭金なしでも月々少額で不動産が購入できる可能性

ポイントはあなたが頭金を払わず、月々1,2万円しか負担しないにも関わらず、投資用不動産を所有できて支払いが終わればあなたのものになるわけです。

あなたの代わりに入居者がローンを返済してくれるような仕組みとも言えるでしょう。

これこそが不動産投資の醍醐味であり、非常に多くの投資家が不動産投資で資産を形成する秘訣となります。

属性によって実際にどれくらいローンを組めるかなどは変わってきますので、実際に相談してみることをぜひおすすめいたします。

RENOSY(リノシー)の不動産投資で節税もできる

節税ができることも実物不動産投資の大きなメリットですよね。

不動産投資に関わる諸経費や原価償却費は、節税に使うことができます。

不動産小口化商品では不可能な、実物の不動産でしかできない間違いない利点です。

さらにRENOSYの場合は中古物件のみを扱ってるため、節税により相性がよいと言えるでしょう。

詳しい節税スキームもぜひ直接確認してみてはいかがでしょうか。

RENOSY(リノシー)は不動産管理とデータベース構築の両方でIT化

不動産物件の選定や仕入れについてはいろいろな方法がありますよね。

ネットワークを構築することは重要ですし、独自のデータベースが物件の数や質に大きく影響します。

RENOSYではITによって物件管理の効率化も行っているようですが、それだけではなく独自のデータベースに物件情報を蓄積しているとしています。

そのデータベースにおいて独自のスコアリング手法により価値の高い物件を選び抜き、さらに上位数%の物件を人の目で確認して提案しているようです。

高い入居率や満足度の実現は、このようにITやデータベースを活用している効果と言えるでしょう。

社員の約3割がエンジニアという点からも、再現性の高い仕組みですよね。

都心の中古マンション価格は2006年から上がり続けている

RENOSYは都心の中古マンションを専門に取り扱っています。

人口が減少の一途である日本では、地方は当然として大半の不動産価格が下がり続けていくと予想されます。

その中で東京の中古マンション価格については、実は2006年から上がり続けていることをご存じでしょうか。

家賃収入だけではなくマンション価格も重要

家賃収入が入ってきたとしても、マンション価格自体が下がってしまっては意味がないですよね。

安定的な家賃収入を確保しながら、マンション価格の下落も防ぐことができる、東京の中古マンションはおすすめできるでしょう。

東京のコンパクトマンション需要は高まり続ける見通し

2022年10月の総務省の人口推計では日本において東京だけは例外的に人口が増えており、東京のコンパクトマンションの需要は高まり続けています。

そのため東京の中古マンションを専門で扱うサービスも安定的と言えますよね。

RENOSY(リノシー)の資料請求は30秒で無料で申し込める

ここまで記事を読んで、RENOSYの不動産投資に興味を持った方も多いでしょう。

しかし不動産投資は、数百万、数千万円のお金が動く投資ですから、しっかりと情報を集めた上で判断したいですよね?

RENOSYについてより詳しい情報を知りたい人は、無料の資料請求から始めてみてください。

本当に30秒もあれば入力できるので、通勤などのちょっとした隙間時間にでも行えますよ。

資料請求をしたからといって、しつこい営業があるわけではないので、気になった方は下記の公式サイトから気軽に申し込んでみてください。

アンケートに答えて無料で資料請求!
RENOSYの公式サイトへ⇒


RENOSY(リノシー)でトラブルや失敗はある?

リノシーは銀行からローンを借りて不動産投資を行います。

投資初心者の方にとっては、銀行ローンについて注意が必要ですし、賃料からローンを返していく仕組みも理解が必要ですよね。

不安になる方もいるかもしれませんが、リノシーにトラブルや怪しいといった評判はあるのでしょうか?

結論として筆者が調べた限りでは、リノシーでトラブルが起きたという話はありませんでした。

投資ですので絶対に儲かる、絶対に損をしないということはあり得ません。

しかし業者とのトラブルがないことは間違いなく安心材料ですので、重要な点と言えるでしょう。

amazonギフト券がもらえる?

2023年9月時点では、RENOSYと初回面談をすることで、Amazonギフト券50,000円をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

不動産投資に関するセミナーでギフト券がもらえることはあるため、決して怪しい話ではありません。

もちろんただAmazonギフト券をもらうためだけに参加することはおすすめしません。

冷やかしではなく真剣に不動産投資を考えている人にとっては、間違いなくお得なキャンペーンと言えるでしょう。

赤字?株価は大丈夫?

リノシーは上場企業が運営しています。
それだけでも他の不動産企業と比べて信頼度や安定度は上がりますよね。

リノシーを運営している株式会社GA technologiesの株価についてですが、乱高下が続く現在のマーケットにおいても比較的安定しています。

株価が暴落してリノシーの運営に影響を与えるといったような状況では全くありません。

上場企業であることはプラスだと言えます。

アンケートに答えて無料で資料請求!
RENOSYの公式サイトへ⇒


RENOSY(リノシー)の他のサービスを紹介

RENOSYは、マンション投資以外にも
  1. RENOSY マガジン
  2. RENOSY 不動産投資クラウドファンディング
  3. RENOSY ASSET 収益物件リノベーション
というサービスを提供しています。 それぞれ、簡単に説明しておきましょう。

1.RENOSY マガジン

不動産
RENOSY マガジンには、不動産投資で役立つ知識や情報が掲載されています。

不動産投資の専門用語や税金、登記に関する情報や体験レポートなど、初心者の不動産投資家必見の情報が満載です。

2.RENOSY クラウドファンディング

クラウドファンディング
RENOSYの不動産クラウドファンディングは、一般の投資家から出資を募り、集まった資金で不動産を購入・運営して、その運用益を出資者に返す形の不動産投資です。

投資対象となる不動産は、中古かつ東京23区の物件で、4〜8%の高利回りを誇っています。

運用期間は3ヶ月と短いので、出来るだけ早く利益を得たい人にはおすすめです。

もちろん不動産投資である以上、自分が出資した金額よりもマイナスになるリスクはあるのですが、RENOSY クラウドファンディングでもし損失が出た場合は、RENOSYの運営側がまず損失を補填してくれます。

そのため、大幅な減益にならない限り、元本割れしてしまうようなリスクはありません。

しかも、投資先の物件は不動産のプロが厳選しているわけですから、二重の意味で元本割れするリスクは小さいと言えるでしょう。

(損失が出る物件を選んでしまうと、自分達が損失を負担するのですから、物件もそれだけ真剣に選んでいると考えることもできます。)

本来、投資のリスクとリターンは比例するものですが、 RENOSY クラウドファンディングの仕組み上、ローリスク・ミドルリターンが得られる投資であると言っても過言ではないかもしれません。

自分で投資用マンション購入をする場合とクラウドファンディングでの投資を比較すると
  • 1口1万円からの少額資本で投資が可能
  • 物件の取得から管理まですべて業者が行ってくれる
などのメリットがあり、投資初心者でも始めやすいです。

RENOSYのクラウドファンディングは、すでにこれまで31億円以上の出資金を集めた実績があり、利用者から高い人気を得ています。

興味がある人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

3.RENOSY ASSET 収益物件リノベーション

リノベ 「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」とは、賃貸用の物件に特化したリノベーション事業です。

(イエスリノベーションという会社をRENOSYが買収して子会社化したことでスタートしました。)

賃貸用の不動産は、通常築年数が経つにつれて借り手の需要が下がってきてしまい、空室率が増えて赤字がかさんでしまいがちです。

借り手にとって魅力的にリノベーションすることができれば、空室を埋められるだけでなく、家賃を引き上げられるため、リノベーションにかかったコストも早期に回収できます。

「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」は、すでに500戸以上のリノベーション実績があり、平均で家賃は9%上昇しているとのことです。

また、「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」では、定額パックとして平米単価が27,500円に抑えられており、将来的にしっかりと投資コストを回収できる水準のリノベーションを行っています。

RENOSY X(リノシークロス)とは?

株式会社GA technologiesのグループ会社として、2019年11月18日に「株式会社RENOSY X(リノシークロス)」が設立されました。

RENOSY Xは、「不動産取引の新しいかたちを創造する。」をビジョンに掲げる会社で、不動産に関する色々な業務をIT化するBtoB向けのサービスを提供しています。

2023年7月時点、RENOSY Xは下記のサービスを提供しています。
  • MORTGAGE GATEWAY
簡単にサービス概要を解説しておきましょう。

MORTGAGE GATEWAY

ローン MORTGAGE GATEWAYは、不動産投資ローンの手続きをオンラインで進められる新しいサービスです。

従来、不動産投資ローンを組む場合は、オーナーと不動産会社、そして銀行との間で対面を含めたやりとりが複数回必要でした。

MORTGAGE GATEWAYを活用すれば、書類を電子化してやりとりでき、またコミュニケーションを記録できるので、口頭での言った言わないの問題が起きません。

本人確認業務もデジタルで行えるので、従来のやりとりの手間が大幅に削減されるようになっています。

RENOSY(リノシー)の運営会社「株式会社GA technologies」の情報

最後に、RENOSYを運営している株式会社GA technologiesについて紹介をしておきましょう。

GA technologiesは、2013年に設立された比較的新しい会社です。

代表の「樋口 龍」さんは、もともとプロのサッカー選手を目指していましたが、24歳の時にビジネスの世界へと舵を切りました。

創業時は3人でスタートした会社ですが、現在では社員がグループ会社含め1000名を超え、東証マザーズにも上場(現在は東証グロース)するなど、急成長を遂げています。

株式会社GA technologiesの会社概要

会社名 株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)
代表取締役社長 樋口 龍
設立 2013年3月12日
資本金 72億6173万4937円(2023年4月末時点)
従業員数 1,069人(2023年4月末時点、グループ会社を含む)

GA technologiesは「DX銘柄2020」で唯一マザーズ市場から選定された急成長企業

RENOSYを運営するGA technologiesは非常に注目度の高い急成長企業です。

経済産業省と東京証券取引所が発表した「デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄 2020」に、マザーズ市場から唯一選ばれました。

マザーズ市場(当時)は急成長企業が集まる市場なのですが、その中でもGA technologiesは勢いがあることが分かりますよね。

不動産会社でありながらIT企業の側面も併せ持っており、不動産事業を手掛けつつ自社業務のために開発した業務支援システムを他の不動産会社に外販するなど幅広い事業を展開しています。

GA technologiesは、現在の不動産業界の中で間違いなく注目すべき企業と言えるでしょう。

GA technologiesは「働きがいのある会社」ランキング中規模部門にて2年連続ベストカンパニーに選出

 

GA technologiesは2年連続で「働きがいのある会社」ランキング中規模部門にてベストカンパニーに選出されています。

社員が気持ち良く働いている会社ということで、そのサービスの質や社員の対応にもとても期待が持てますよね。

勢いのある、成長著しい企業と言えるでしょう。

アンケートに答えて無料で資料請求!

RENOSY(リノシー)

まとめ

以上、不動産サービスのRENOSYについて紹介しました。

IT技術を駆使して、収益性・資産性が高い物件を選定し、効率化された管理ツールでコストを削減できる。

初心者でも安心して始められ、高い利回りが見込めるのが、RENOSYの不動産投資のメリットです。

将来に不安を感じながらも動き出せていない人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

アンケートに答えて無料で資料請求!

RENOSY(リノシー)